wordpressでサイト・ブログ製作-Lesson1

スポンサーリンク

それでは早速wordpressでのweb製作について、説明していきたいと思います。
きばらず、聞き流すつもりでお聞きして下さい。

wordpressの概要

まず先ほどから連呼してる「wordpress」という単語。
一体なんなの?と、思ってる方もいらっしゃるとと思うので少し説明させて頂きます。

wikipedia
WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。b2/cafelogというソフトウェアのフォーク(後継)として開発、2003年5月27日に初版がリリースされた[1]。GNU General Public License (GPL) の下で配布されている。

wikipedia
主な特徴
・PHPによる動的なページ生成
・標準添付のテンプレート等がウェブ標準に準拠
・記事への複数カテゴリー設定に対応
・カスタマイズ可能で検索エンジンフレンドリーなURL
・テーマによる簡単なデザインの切り替え
・プラグインによる拡張機能
・WYSIWYGによるエントリ編集
・投稿スラッグによるパーマリンクURL作成

という事です。

少しわかりずらいですね(笑)
かみ砕いて説明すると、無料で良質なサイト・ブログが製作できるオープンソースであり
サーバーにインストールするとすぐ使用できるという優れ者という事です。
今から使用するにあたり、メリット・デメリットがあるのも事実です。
それを包み隠さずお話しするので、自分の判断で初めて下さい。

    wordpressは専門知識がいらない!

Good point 1

正直言って、私も専門的知識は全くと言っていいほどありません。
このブログを見て下さってる方がいましたら、ちょっと残念?な報告になるのかもしれませんが(笑)
友達と話していて、私がwordpressでブログを作っていると言ったら

「へぇ~~、プログラミングできるんだ!!」

と、何故か関心されましたが
自慢できる事ではありませんが、胸を張って言います

私にそんな専門知識はありません!!!(笑)

ここで皆様に伝えたいのが
「へーーー」で、終わって欲しくないんです!
ワードプレスはパソコン苦手な私でもできるんだ!
そう、思って欲しいんです!

   操作が簡単!!

Good point 2

自作ブログと聞くと、何か英語をカチャカチャ打ちながら同時に文字も書いてと難しく考えてしまうものですが、全くそんな必要はありません。
wordpressにはプラグインといった強力お助けアプリ?みたなものが存在していて、それを使うとどんな素人でもSEOに強い協力なサイト・ブログができてしまします。
ブログを書いている時の画面が下の写真です。

投稿

WordPressでブログを書く時はこんな画面になっています。
普通の投稿画面です。
コマンドがたくさんある難しそう!なんて思う方もいるかもしれませんが、記事を書くときにはほとんど使用しません。
プログラミング言語もないでしょ?これが楽なんですよね。

   SEOに強い

Good point 3

SEOてなんじゃそりゃ?という方もいると思うのでコチラを参考にして下さい。
リンクのページでSEOについて十分理解できたと思いますが、これはgoogleの検索エンジンを開発する責任者でもマット・カッツさんも以下の様に述べています。

WordPress is a great choice
WordPress automatically solves a ton of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of
(the mechanics of)
Search Engine Optimization (SEO)
(意訳)
ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。
なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

googleが認めているのだから、弱い訳がありませんよね?
それに独自ドメインやサーバーってだけでも実はSEOに優れていたりするんです。
レンタルブログ(アメーバ、FC2等)やレンタルサイトに比べ独自サイトを展開するという事はメリットしかないのです。
私事なのですが、以前にアメーバブログでブログを書いた事があったのですが、その記事の内容をまんまコピーしてWordpressで作成した所検索結果が1位になりました。
勿論、ビッグワードではないのですが。
記事内容が「ウェブマスターツール ロリポップ」でgoogleで検索すると私の記事が一番に来ているはずですよ?
ロリポップ ウェブマスターツール
ビッグワードじゃないにしろ、一番になると気持ちが良いもので続ける励みにもなります。
誰もみていなブログは悲しいものですからね。

   広告収入やネット収益を上げやすい。

Good point 4

このグッドは大きいですね。
レンタルブログやサイトは自分のブログに広告を打つことが出来ないサイトも多々あり、打てたとしても収益はそのサイトと折半!みたいな感じになってる所が多いです。
それに審査が通りやすいんですよ。良質なサイトというのは
ご存じでしたか??
広告を出そうと思ったら、バリューコマースやアクセストレード等の広告を作成してくれるサイトに登録して、出したい広告会社に提携申請をしなければなりません。
私の場合はhuluと提携してますが、審査期間は1週間ほどでそのブログが提携に適しているかどうか審査され、合格したサイトが広告を張れるのです。
この審査がレンタルブログと違い、独自サイトなのでレンタルサイトと違い規約はありませんからね。(勿論、記事はちゃんと書かなくちゃいけませんし、アダルトは駄目ですよ)
アメーバブログでは、広告を出すのも簡単ではありませんからね。

良い所はさておき次は駄目な所の紹介。

   アクセスアタック

Bad pooint1

自分でサーバーやドメインを用意して始めるので、ハッキングやアクセスアタックの対象になるのも事実です。
プラグインで守ってくれているので、助かりますが私も今までに2回アタックを食らってしまい、サーバーのIPアドレスを書き換えられた事があります。
別にそれをされても対処法があるので、サイトやブログに問題はありませんが初めてされた時はやはり怖かったです。
こんなちっぽけな私のブログでさえ月間で数百のアタックを受けています。(ほとんどプラグインでブロックは出来ています)
なのでそういった面倒事が少しでも嫌な方は向いてないのかもしれませんね。

   レンタルの手軽さには負ける。

Bad pooint2

アメーバブログやFC2のようなブログは会員登録するだけで、すぐ自分のブログを作成する事が可能です。
ドメインを用意したり、サーバーを用意したりちまちま面倒な事は一切ありません。
自分で作る達成感はwordpressに及びませんが、楽に作成できるという点においては完敗です。
面倒事が嫌いな人には向いてないかもしれませんね。。。

本当にしたい事をしよう

wordpressについて良いも悪いも書いてきたが、wordpressを使っていると使えば使う程に
あれがしたい!これがしたい!というよくが出てきます。
自己満足という言葉がありますが、それを最大限にこそばしてくるツールであり
web-lifeをより楽しましてくれるツールである事は私が約束致します。

サイトで収益をあげたい!
自分のネットショップを立ち上げたい!

理由は何でも構いません。
是非、この機会にwordpressを初めて下さい。
以上です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする